【ライブレポート】B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day3

B'ZSHOWCASEday3

こんにちは、婚活保健室のゆらみです。

5週連続配信なのでねw

懲りずに今回も大大大好きなB’zのライヴレポートです。

11/14(土) Zepp Haneda (TOKYO)にて行われたB’z初の配信ライブ3日目の詳細を1日目2日目に引き続き、独断と偏見を交えてお送りします。

ファンの方の振り返りや、あぁ分かる!のお役に立てば幸いです。

ではどうぞ。

※記事内の画像はテレビを撮影したものや公式TwitterやInstagram、タイトルバックはファンクラブのものをお借りしてきています。
※アーカイブをみながら記事にしましたが不備等ございましたらメッセージから優しくご指定頂けますと幸いです。

 

B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day3

ZeppHaneda
会場:2020.11.14(SAT) 
開始:19時01分
終了:20時56分
 
※ファンクラブ会員は18時30分より18時58分まで稲葉さんと松本さんお二人による特典映像あり
 

バンドメンバー

増田隆宣(Key)
大賀好修(G)
黒瀬蛙一(Dr)
満園庄太郎(B)
 

セットリスト

day3は1999年~2003年までの曲で構成
 
【オープニングSE】
OFF THE LOCK
 
 
【本編】
01.ギリギリchop
02.ながい愛
 
B’zのSHOWCASEにようこそー!
 
03.F・E・A・R
04.Seventh Heaven(19年ぶり)
 
MC
 
05.野生のENERGY
06.May(20年ぶり)
07.GOLD
08.Blue Sunshine
 
MC(バックヤード紹介他)
 
09.熱き鼓動の果て
10.今夜月の見える丘に
11.IT’S SHOWTIME!!
12.juice
 
MC(メンバー紹介)
 
13.ONE
14.Brotherhood
15.ultra soul
 
 
【エンディングSE】
Everlasting
 
 
【オマケ映像】
イチブトゼンブ(day4予告w)
 
 
【稲葉さん衣装】
・白いレザージャケット (袖のところに長いジッパーあり)
・黒の半袖Tシャツ(前後に白の大き目のプリントあり)
・黒のパンツ(革?)
・黒スニーカー(ソウルの裏が緑色でした)
・サングラス(2曲目まで)
※髪のメッシュがまたまた減ったような感じでしたが、モノクロ少なかったからかしら?
 
 
因みに松本さんは
・黒のヴァンヘイレンTシャツ
・黒の革パン
・黒のショートブーツ
・クロムハーツのベスト(バックヤード紹介で見た後ろ姿が格好良かったです!)
 
あと、満園さんの柄シャツ!
※沢山ボタンあけてはだけてたのが印象的でしたw
 
【稲葉さんマイクスタンド】
・シルバー
・赤(円陣になって以降)
 
【セット】
おおがかりなセットは今回もなし
後半は舞台からステージに降りてメンバーで円になって演奏
※CIRCLEをイメージ?と勝手に思いましたが、CIRCLEは2005年でした(汗)
 
 
 

詳細ライブレポート

稲葉1

ここからは、いつも通り私の独断と偏見の詳細ライブレポートをお送りします。

【オープニングSE】

羽田イノベーションシティ周辺の映像
 
からの
 
今回はモノクロの映像で皆がステージに行く様子が映し出されました。
 
稲葉さんの発声や
 
「生一丁!」
「喜んで!」
 
が聞けたのは感激!
 

【本編】

01.ギリギリchop

モノクロで軽くセッションからのスタート
稲葉さんサングラス♡
満園さんがベースのネックに火をつける演出!
 
 
02.ながい愛
稲葉さん曲終わりでサングラスを外します。

観客がいるかのように皆に反応を伺ってから全体を見まわして
 
「いきますか?」
 
カメラ目線で指さし
 
「B’zのSHOWCASEにようこそー!」
 
 
03.F・E・A・R
「yeah!yeah!yeah!」

で、客席煽り

 
最後の

「Dancs with the Fear!」

で、ステップを踏みながら手を上にあげる稲葉さんがセクシー!w

 
 
04.Seventh Heaven(19年ぶり)
「キョロキョロしてる暇はないんだ多分~」

で、カメラ目線からのクイっとするしぐさにキュン♡

 
最後のサビで蹴りっが可愛いw
 
満園さんが沢山ジャンプしてましたw
 
 
MC
 
「どうも、皆さんこんばんは。
 
え~、今日はSHOWCASE 2020 -5 ERAS- のDay3ということでございます。
 
この「無観客」というスタイルにもずいぶん慣れてまいりまして、何を言ってもこの前から返ってこないというこの静けさ(笑)
 
静寂にもすっかりなめ、慣れてしまいました。
 
はい。
 
なんですか?(耳に手を当てて反応を確認するしぐさ)
 
こんな感じで(笑)、はい。
 
そういうわけなんで、今日はDay3ということでその時代の懐かしい仲間も集まってくれて、今日は皆さんに届くように精一杯演奏してまいりたいと思います。
 
どうか最後まで皆さん思う存分、楽しんでください。
 
じゃ、行きましょうか、蛙一くん。」
 
 
05.野生のENERGY
いつものアキレス腱を伸ばすスタイル

最後のサビではマイクスタンド外したりもしてました
声だし少し辛そう?
 
「君があらわれる~」

で、カメラ指差し♡
 
 
06.May(20年ぶり)
稲葉さんがぶっちゃけ苦手だったのはこの曲かー!
※インタビューで、ぶっちゃけ苦手な曲、CDと歌唱に違和感とコメント
 
松本さんと大賀君が向かい合わせで演奏
 
曲終わりで稲葉さんはジャケットを脱がれてました。
 
 
07.GOLD
曲終わりに稲葉さんはアコギを抱えてセンターへ移動
 
 
MC
 
「どうもありがとうございます。
 
今日のこのDay3を、皆さんどういう状況でご覧になっていただいてるんでしょうか?
 
家(うち)で観てる人が多いのかな?飲みながらとかね、色々皆さん自分で楽しみながらやっていただいてると思いますけど
、手巻き寿司なんかやってる方もいらっしゃるかもしれないですね。(笑)
 
ええ、ゆっくりね、味わいながらライブを楽しむと。
 
新しいライブの楽しみ方かもしれませんけど、どうぞご自由に目一杯楽しんでいただきたいと思います。(半笑い)
 
こっちはどんどんやっていきますから。
 
じゃあ、よろしくお願いします。
 
行きますか。ヘーイ!」
 
 
08.Blue Sunshine
 
 
MC(バックヤード紹介他)
 
「ありがとうございます。
 
えーっと、ここでですね。
 
ちょっとステージ模様替えするっていうことで、我々ちょっと移動します。」
 
衣装さんにマイクを付けて貰って通路からバックヤードへ移動。
※かなり長いので省略Ver(↓)
 
衣裳部屋兼メイクルーム紹介
・稲葉さん濃紺?のジャケットを寒いからと着用(笑)
・渚園の衣装紹介(白い衣装の股の部分に錆がついたとかw)
 
バンドメンバーの部屋を紹介
・大賀君のルービックキューブ(笑)
・増田さんのプーチン大統領のカレンダーw
・満園さんのゴルゴ13
・黒瀬さんの煙草(あいつまだ吸ってんの?まぁ、元気だしね、とつっこみ)
 
稲葉さんの部屋
・ここはいいですって拒否(笑)
 
松本さんの部屋
・楽屋サインに切手が貼ってある(笑)
・稲葉写楽が言いたかったとw
・かなりのコレクションだけとTAKくらいになると唾で惜しげもなく貼りつけちゃうなどのジョーク
 
ロビーへ移動
 
BrotherFoodのポスター
・命がけで撮影したと半笑い
 
 
リポビタンDのパロディポスター
 
・ライブのアンコール前の映像とかで使われてた記憶が
・何十年越しに実際のリポDのCMをいただいたと感慨深げw
 
juiceのポスター
・割れたスミノフの瓶に対して、アンプの上に沢山並べてギターヘッドで割る演出を回想
・なんでもとってあることに驚き
 
夜月の見える丘にのポスター
・三宿の本屋さんが今はアンティークショップになったと説明
 
ELEVENのポスター
・銀色の缶に対して、juiceの曲の際にトレーラーが開いて缶がなだれ落ちる演出があったことを回想
※ツアーではサインがある缶を蹴って客席へ放っていました
※ファンが缶の取り合いになって、缶で手をザックリといくケガ人が出た(当時その近くにいました;;)ので、そのあとは缶を客席へ蹴るの辞めたかもです。
 
GREENのポスター
・サーフボードは稲葉さんの私物ではないと説明
・当時まだ稲葉さんはサーフィンを始めていなかったので陸サーファーだったと説明(笑)
 
IT’S SHOW TIMEのポスター
・ミニアルバムとマキシシングルの違いについて疑問(多分決まりあるんでしょうねで終わるw)
 
野生のENERGYのポスター
・ハワイのラニカイビーチで撮影だったことを回想
 
BIG MACHINEのポスター
・子どもの画像だったため、この子大きくなってたでしょうねと回想w
 
更に通路を進みシャンデリアへ
 
松本さんがシャンデリア「これ、スキ!」と欲しがる(笑)
※ZeppHANEDAの常設のものでないと知りツアー終わったら持って帰ると言い出すwカワイイ
 
ドリンクカウンターでグッズの紹介
・マスクがあることでコロナの影響をコメント
・赤いマグカップが良いとも
・ツアーTとなつかしのTシャツについてコメント
 
ドアを開けて外の様子やロッカーを見て回りながらday2のloevmeの演出を回想
※タオルの入ったロッカーには「178」と貼ってあるそう^^(showcase終わったら外すんでしょうけどと突っ込みw)
 
さらに移動していつもの特典映像でインタビューしている場所へたどり着く
 
ギターと飲み物が置かれている
 
ツアーロゴのネオンサインを指さし、松本さんが「シャンデリア俺が貰うから、こっちは稲葉君持って帰りなよ」と押し付ける(笑)
 
テーブルに置いてあったファイルを見ながら軽く演奏
 
・Raging River
長いやつだ、苦労したやつとコメント
 
・Thinking of you(ライブ未発表曲)
これライブでやってないよねとコメント
 
・BlueSunshine
さっきやったじゃん!と松本さんが突っ込んですぐに演奏終了w
 
・熱き鼓動の果て
ワンコーラス熱唱からの
 
ステージが出来たとの合図
 
衣装さんがマイクを外す
 
松本さんが
 
「もう、取って良い?マイクがカタカタ当たってうるさいんだよね」
 
に対して稲葉さんが
 
「TAK怒ってる?ねぇ、怒ってる?」
 
と可愛くなだめる(笑)
 
通路の神棚に手を合わせて拝む。
 
検温器で体温チェックをしてステージへ戻る。
 
松本さんが検温後に「じゃあ(次)、あたし」という稲葉さんがお茶目w
 
舞台から降りた客席に円形でバンドメンバーが配置されているのを確認
 
「大丈夫かな?
 
じゃ、続きいっちゃいましょうか?」
 
 
09.熱き鼓動の果て
稲葉2
「この瞬間だけは~」

からバンド演奏として再開

東京の景色が背景に流れる(最後の方に飛行機も飛ぶ)
 
 
MC
稲「ステージの
 
が、(←言い直しw)
 
ちょっと様変わりして、こんな感じで。
 
なんですか? 円陣といいますか、輪になってやるスタイルで。
 
なんか初めてですよね? 
 
なかなか、皆の顔が見えて。
 
どうですか、これは。この感じ。」
 
松「いいねー。いい(笑)」
 
稲「よく見えますよね、お互いの様子がね。」
 
増「ね。」
 
稲「これ、これはこれでね、いいもんですけど。」
 
増「はい。」
 
稲「じゃあこの感じで、ちょと行ってみますか?どんどん。」
 
 
10.今夜月の見える丘に
夜空に月が浮かぶ演出
 
 
11.IT’S SHOWTIME!!
「想像力!」

でカメラ目線

 
 
12.juice
背景に観客の映像が流れる
 
「聞こえてますかー?
 
聞こえてますかー?
 
聞こえてますかー?
 
どうなんですかー?
 
じゃあここで、一緒に声、出しましょうか。
 
行きますか? 
 
やりますかー?
 
やるんですか?
 
やらないんですか?
 
やりますかー!」
 
バンドメンバー内でコール&レスポンス
 
タイミングがずれたりするも、一生懸命盛り上げている様子に熱くなりました。
 
ラスサビ前で羽を見せて踊る蝶々で羽ばたくような手の動き
 
 
MC(メンバー紹介)
「どうもありがとうございます。
 
すごい歓声が聞こえましたけども、ほんとに心強いすね。
 
久しぶりに聞くとね。
 
こういう皆さんの声を。
 
そして、素晴らしい歌声、ありがとうございました。
 
えー、じゃあここで、今回ここでSHOWCASEのDay3を支えてくれてるこのバンドのメンバーを皆さんに紹介したいと思います。
 
こちらから行きましょうか、やっぱり。」

省略Ver(↓)

大賀君:
(ルーブックキューブ)やってるね、やっぱりw
 
黒瀬さん:
久しぶり、楽しい雰囲気出してくれてありがとうと伝える。
更に髪が赤から青になったけどいつ変えたの?と指摘
※黒瀬さんマイクなしだったけど「きのう」といった様子
 
満園さん:
庄太郎は庄太郎って感じだね、ブレない男!と紹介w
 
増田さん:
スパシーバ!といぢるw
※ひっぱるなぁと増田さん苦笑い。
 
松本さん:
3日目どうですか?と質問
楽しいよと松本さんが回答し、素晴らしい!それがいちばん!と告げる。
 
「じゃあ、この素晴らしいメンバーと次、ちょっと懐かしい曲ですけど、この曲を聴いてください。」
 
 
13.ONE
雨の背景
 
稲葉さんと松本さんが向かい合わせで演奏。
 
最後日が昇っていく映像で終わり
 
これは大好きな曲なので久々に聴けて感動でした。
 
 
MC
「どうもありがとうございまーす。
 
SHOWCASE Day3、いかがだったでしょうか。
 
今日もほんとに皆さんの熱い愛情、思い、ヒシヒシと感じながら、このバンドで一丸となってプレイさせていただきました。
 
ほんとに観てくださってありがとうございます!
 
じゃあ、このSHOWCASE観てくださってるすべての方々にこの曲、捧げたいと思います。」
 
 
14.Brotherhood
ちょっとだけ最後のロングトーンがきつそうでした;;
 
でも、必死で伸ばしてる稲葉さんにムネアツ;;
 
MISHAさんもおっしゃってますが、ロングトーンはオーディエンスがいると伸びると言うので、そういうのも関係しているのかな?と思ったり、、、
 
そして、この曲がラストかと思いきや、、、
 
 
15.ultra soul
「C’mon!」でスタート
2番のみステージへ戻って1人で歌い、また円陣へ戻る
「Thank you!」で終了
 
金の紙吹雪?テープが舞う
 
「うつくしぃ、、、」
 
「じゃあ、あっち(上)に向かっていきますか?
 
せーの!」
 
天井に向かって全員で「おつかれ~」のポーズ
 
メンバーが退席し始める中、お二人が最後に残り
 
「また来週!」
 
最後退場間際に
 
「ありがとうございました!」
 

【エンディングSE】

Everlasting
 
花火の演出
最後地面に花火が浮かび上がって「Thank you to all our Viewers」の文字が映し出され終了
 

【オマケ映像】

イチブトゼンブ(day4予告w)
 
楽屋で
 
稲「じゃあさあ、これさあ、もう、全部やっちゃいます?アルバムから。全部。」
 
松「いや、一部でいいんじゃない?」
 
と、お二人の掛け合い
 
「ちょっと!やめてもらえます?」
 
と、稲葉さんがイチブトゼンブの歌詞で顔を隠して、松本さんがピースをして終了笑い
 
 

まとめ

オツカレ

いかがでしたでしょうか?

day2のニッチな選曲と違ってday3はかなりメジャーなものが多かったですね。

メンバー同士で沢山声かけをして盛り上げてらしたのも個人的にはムネアツでした。

また、バンドメンバーが多少変わったり、円陣のセットなど新しいものもあり、当たり前ですが3週目でも飽きることなく食い入るようにのめり込めました。

セットチェンジなどはライブ感があって楽しかったですw

残りあと2回ですがどんなセットリストや演出がなされるのか楽しみですね。

頑張ってレポートしていこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す