毒親育ちでも幸せな結婚はできる!自尊心を取り戻し婚活を成功させるまで①

スポンサーリンク

 

久しぶりに真面目な投稿をしたいと思います。
プロフィールでも簡単にご紹介しましたが、腐女子yuramiはいわゆる毒親育ちです。

 

昨今、ネットがあるのでさまざまな方の辛かった体験を目にすると、自分はまだ緩い方だったのかな?と思うこともありますが、「いやいや、十分虐待だよ;」と言う友人もおります(苦笑)感じ方は人それぞれだと思います。

シリーズになってしまうかもしれませんが、少し腐女子yuramiの毒親との関係を書いていきたいと思います。

まさに今毒親と戦っている方、戦意喪失されている方、どうしていいか分からない方に少しでも何か参考になることがあれば幸いです。

腐女子yuramiのプロフィールはコチラ(↓)

Profile
腐女子ゆらみの自己紹介 はじめまして! このブログの運営者のアラフォー腐女子yuramiです。 当ブログへお越しいただき、ありがとうございます^^ 心か
2017-08-07 13:31

 

そもそも毒親って?

毒親とは

毒親とは

 母による同性間ならではの娘への束縛や虐待(分身としての過度な私物化やコントロール、夫婦間の不満や愚痴のはけ口としての利用など)を受けるも、娘は「母性」神話によって母親を悪者に出来ず、又は気付かずに苦しみ自身の人生を生きられなくなるとされる。

 支配型の毒母の場合、娘の世話を熱心にみることから、周囲からは愛情深い母親の行為として見られたり、母親の愛を得んがために、その期待に沿って猛進するため、社会的には成功する場合もあり、そのため周囲に苦しみを理解されない娘の苦悩はより深い。

 母を負担に感じる娘の場合、摂食障害や鬱といった精神的症状が表れる事例が多いといわれている。

 

wikiより

 

yurami個人の考えですが、男性の毒親というのももちろん見かけますが、母娘間の関係性を指すことが多いような気がします。

 

毒親によくある特徴

高校生の頃、周りにも毒親育ちの友人が2名いました。(1人は、母親との関係でしたが、もう1人は父親との関係がダメなようでした。)

他にも大人になってから出会った毒親育ちの人や、yurami家にも言えることですが、父親と母親の仲が悪い家庭が多かったように思います。

一番多く目にしたのが、父親と仲が悪い母親が自分の子どもに異常なまでに執着するパターンですね。

 

腐女子yuramiはどうだったのか?

スポンサーリンク

腐女子yurami家の場合

小さいころから父と母があまり仲が良かったところを見たことがありません。その為、母は子どもに対して凄く執着し、いわゆる教育ママとなりました。

彼女が良いとする進学塾に、スイミング、習字にピアノと、習い事も沢山させられましたが、yurami自身が大好きだった歌を

 

ちびっこyurami
歌を習ってみたいな。

 

と言ったときは全く聞き入れて貰えませんでした。
※大人になって自分でボイストレーニングに行くときも、ものすごく妨害されました。

 

進学塾の成績が毎月送られて来るのですが、成績が悪かったときはものすごく罵倒されてその後、数日無視されるなんてことがよくありました。子どもなので、母親に無視されると本当に生きていけません。よく部屋にこもって泣いていました。

 

成績が悪い月が続いてしまい、怒鳴られたり無視されるのがどうしようもなく怖くて、塾の先生に事情を説明して成績表を送らないでもらったことが1度だけあります。

※当時、きちんと聞き入れてくださった室長には今でも感謝しています。

 

また、スイミングでも進級試験ともなると、見学席から鬼の形相で見られているため、試験にというよりも母に対して緊張してしまい、プールサイドで吐いてしまってコーチや周りにに迷惑かけたこともあります。

これまたコーチが試験と言わずに後でこっそりタイムを計ってくださり無事に進級させてくださいました。

 

今思えば、母の毒親っぷりが周囲にもややバレていたのかもしれません。

今でいうモンスターですかね!?

 

そしていぢめられる

幼少期が上記のような感じだったので、人の顔色を伺う子どもになってしまい転校した先の中学校でスクールカーストの上位の子からいぢめられました。いっつもオドオドするからいぢめていて楽しかったのではないでしょうか?

yuramiが勝手に休んでいる間に、yuramiの好きな人を決められ席替えなどで横にされたりしました。ときにはyuramiを無視する合図みたいなのも決められていたようです。(リーダー各の子が右手親指と左手小指を絡ませたらyuramiちゃん無視と決めていたようです。)

※わずかですが、仲良くしてくれていた子もいたので彼女から教えられました。

 

自尊心が全くない人間になる

自尊心とは

自分の人格を大切にする気持ち。また、自分の思想や言動などに自信をもち、他からの干渉を排除する態度。プライド。

※コトバンクより

 

家では支配され、学校でもいぢめられ、自分に自信なんてなく常にオロオロ、キョドっていました。

しかも母からの支配があった影響で、いぢめられてもご機嫌をとってしまうという変な行動をとっていました。本当に、「自尊心」というものが全くなく自分を好きになれず、大切にもできない人間になっていきました。

 


自分を信じられないので、他人なんて信じられません。
人から好かれたいのに、いざ好かれたら疑います。

ずーっと生きにくかったです。

腐女子yuramiは、本や漫画を読んで現実逃避することと、稲葉さんの歌を励みに生きていましたw

 

母親とのエピソードや、いぢめられた話しはまだまだありますが、これ婚活ブログなので、ほどほどに止めておきました(笑)ちゃんと自分を取り戻すまでを頑張って書いていきますので、よろしくお願いいたします。

最期までお読みいただき、ありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。

ポチっとしていただけると、とても嬉しいです!!!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活ランキング

 

コメントを残す