【9月1日問題「学校は行かなくてもいい」!?】自分の居場所を見つける方法は?

 

こんにちは、ゆらみです^^

 

婚活と関係ない記事を量産してどうするんだ!?とも思うのですが(苦笑)私は毒親育ちかつ中学生時代にはいぢめにあっていました。

 

そんな私でも頑張って生きて、大人になって婚活して幸せになれたよっていうことを伝えるためにも今回の小幡和輝さんの企画に参加してみました。

 

この記事は、

  • 過去の私のように今現在いぢめに合っていて2学期学校に行きたくない人
  • 不登校の子どもがいる親御さん
  • 過去にいぢめに合っていて自己肯定がうまくできないまま大人になってしまったけど結婚して幸せになりたい方

 

 

に向けて熱く(←)書いています。

 

なので、学校が超楽しい!楽しかった!という方は別の記事でお楽しみくださいね(笑)

 

では、どうぞ~^^

 

 

スポンサーリンク

 

 

9月1日問題って?

去年も書いたのですが、

 

夏休み明けに子どもが心と身体が不安定になってしまって、学校へ行きたくなくなったり最悪の場合自殺を図ってしまうことを指します。

 

 

最近は新聞やテレビなどでもよく取り上げられ、自殺を防ぐために様々な活動が行われています。

詳しくは昨年の記事も参考にしてください。

 

昨年の記事にはコチラから

 

 

小幡和輝さんって?

1994年生まれの25歳

 

小学校2年生のときから約10年間の不登校を経て定時制高校へ進学し、高校生のときに企業して「高校生社長」になられた方です。

 

現在は、自身の体験を活かして書籍を書いたり、講演を行いながら不登校の子の居場所をつくる活動をされておられます。

 

詳しくはコチラ
※小幡和輝オフィシャルブログへ

 

 

「学校は行かなくてもいい」とは?

上記の小幡さんが書かれた書籍です。

 

端的に言うと

 

正しい不登校のやり方

 

 

が分かりやすく?書かれています(笑)

 

実際に漫画も要所要所にあって、重苦しい雰囲気もなくサクッと読めましたよ^^

 

それにしても、

 

不登校に正しいも間違いもあるんかい!?

 

って突っ込みたくなりますよね?

 

でも、読んでみて納得です。

 

そんなにつらいなら、しんどいなら、不登校でもいいよ、ただこういうのはどうかな?こっちは?

 

といった感じで、いくつかの道しるべを照らしてくれる灯台のようなそんな本でした。

 

気になる方は是非是非手に取ってみてくださいね。

 

試し読みはコチラから

 

 

不登校になった子どもは自分の居場所をどうやって作るの?

 

子どもにとっては家と学校が居場所の子がほどんどだと思います。

 

死にたくなるくらい辛いなら「学校は行かなくてもいい」のは分かったけど、家に居たら親にも先生にも「学校に来なさい」って言われて家にも居づらいし、

 

アナタ
じゃあどこに自分の居場所をつくればいいの?

 

 

というのが次の問題だと思います。

 

答えは、、、

 

好きなだけ引きこもったらいい!

 

というわけでは決してありませんよ(笑)

 

不登校でずっと家に引きこもってしまうと本当に大人になってから就職や恋愛など色んな面で苦労します。

 

これからは不登校になっても

 

  • 何だったら興味があるのか
  • どこだったら行って見たいのか
  • 何だったら学んでみたいのか

 

 

もちろん、いくつか親や学校が提示してあげられるといいなとは思いますが!

 

不登校になったアナタなりに興味のあることを

 

アナタ
これなら、ちょっとやってみたい

 

と勇気を出して伝えてみるのもいいんじゃないかな?と思います^^

 

そして、アナタの興味のあることを伸ばしてあげる環境がこれからどんどん出てくるといいなと思います。

 

その最初の一歩が、もちろん家の中でオンラインゲームをして誰かとつながるからでも良いと思います。

 

親が理解してくれるなら親と一緒におしゃべりしながらお茶を飲むでもいいですしね^^

 

図書館などに行けるなら散歩がてら出て行ってみてもいいと思います。
※授業している時間帯なら学校の人に会わなくて済みますよ!

 

不登校になって、誰とも話さず、交流をせず引きこもってしまわないことが何より大切だと思います。

 

小さな小さな1歩でいいから少し休んだら次の1歩を踏み出してみて下さい。

きっとアナタの居場所は見つかりますよ!

 

居場所探しの参考に小幡さんの本を手に取ってみるのもいいと思います^^

試し読みはコチラから

 

 

そして、小幡さんが書籍で書いていたように

 

静まり返った図書館だけじゃなくて、

 

  • ブロガーのコーワーキングスペース
  • フリースクール

 

なんかが、これからもっともっと門戸を開けてくれたらいいなと思います^^

 

学歴がなくても、突出した技術があれば将来仕事は見つかるだろうし、自分で切り開いたコミュニティでコミュニケーションできれば人付き合いや恋愛にも苦労しなりますしね!

 

 

スポンサーリンク

 

不登校の子どもを持つ親御さんへ

おそらく不登校になったら親御さんも先生もまずは

 

「学校に行きなさい」
「学校に来なさい」

 

と勧めたり

 

「どうして行きたくないの?」

 

と、問い詰めたりしてしまうと思います。

 

そこで、子どもが明確に行きたくない理由が言えたらいいんだけど

 

  • まだ子どもなので、モヤモヤして上手く言葉に出来ない。
  • いぢめられていることを言ってしまって後から報復されるのが怖い。

 

等々の理由で言えない子も多いと思います。

 

すると親御さんは、他の誰でもない自分の子どもだからこそ

 

自分の育て方が間違ったからか?

 

と思ってしまって口を割らない子どもに対して更にとにかく何とか学校へ行かせようと思ってしまうかもしれません。

 

でも、

 

決して不登校は親御さんのせいではありません。

 

覚えておいて欲しいのは

 

親御さんにSOSを出したときって実は子どもにとっては最後の砦

 

であることが多いということです。

 

なので、否定するんじゃなくて、その行きたくない気持ちやモヤモヤを受け止めてあげて欲しいです。

 

そして、どうしたら楽しく生きられるかを前向きに話しあって欲しいです。

 

私は「いぢめられたらやり返せ!」←それが出来たらやってるわwという親だったので、この辺はかなり個人的なお願いです(笑)

 

産まれたときは「五体満足だったら」という願いだけだったのに、成長するにつれて、勉強出来てほしい、スポーツも、、と欲張りになりますよね?

 

親になってみて、分かります(笑)

 

でも、一度「五体満足で産まれて来てくれたなら」の気持ちに戻ってあげてください。

 

自殺を考えるほど辛く苦しみながら生きるより、楽しく生きていくことが他の何よりも一番だと思うから。

 

 

行きたくない気持ちを理解するためにもこの小幡さんの本は役にたつと思います^^

試し読みはコチラから

 

 

今、いぢめられているアナタへ

学校は今の世界のすべてに見えてしまうかもしれないけれど、実はとっても狭い箱です。

 

世界は広いし、そんな狭い箱の中だけを見て死にたいなんて思わないで欲しいです。

 

私は学校時代に友人が出来なくても、大人になって沢山友達は出来たし、結婚して幸せになれましたよ^^

 

どうしても学校へ行くのが無理なら「死ぬ」んじゃなくって、「逃げる」っていう選択肢をしてください。

 

逃げることは決して恥ずかしいことじゃありません、勇気ある行動です。

 

アナタが幸せになることが相手への一番の復讐ですよ!!

 

 

過去にいぢめられたアナタへ

私自身、30代前半まで自己肯定感が低くてどうしようもない大人でした。

 

仕事も恋愛も長続きしませんでした。

 

今でもものすごく自信ががある訳ではありませんが、沢山本を読んだり、小幡さんのような怪しくない方のセミナーとかに顔を出したりして回り道をしてでも自己肯定感を少しずつでも高めてくださいね。

 

私は因みに怪しいセミナーにお金を使ったこともあります!(笑)←もったいないw

 

沢山回り道をしたけど、幸せを掴むことが出来ました。

 

成功の秘訣は諦めないこと。

 

 

ビジネス書でよく出てくる言葉ですが、これに尽きると思います。

 

また、自己肯定感を高めることが、婚活の成功の近道でもあると思います。
※自己肯定感が低いと相手のスペックとかを自己評価にしてしまいがちですし、恋愛依存症にもなりがちです。

 

恋愛面で迷ったら気軽にDMくださいね^^

 

 

最後に

 

個人的にはこの本で家入一真さんのケーススタディが好きです。

 

いぢめが始まるのは、ほんの些細なきっかけが多いけどやってしまったら取り返しがつかない。

 

大人になっても

 

「あのときに戻りたい」

 

とトラウマになることも多いと思います。
※実際に私もなっていました。

 

いぢめた本人は忘れてしまっても、いぢめられた方が心にずっと残ります。

 

もう分かる分かるの連続でした(笑)

 

そんな深い傷口なんです。だから周りの大人は、わざわざ傷口広げるんじゃなくて、周りの大人は心にそっと絆創膏を貼ってあげて欲しいです。

 

どうか、どうかお願いします。

 

熱くなってしまいましたが、この辺で。

 

9月1日

 

1人でも死にたい子どもが居なくなることを願っています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。

ポチっとしていただけると、とても嬉しいです!!!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活ランキング

 

コメントを残す